読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京新聞杯予想

簡単に。

 

日曜日、東京競馬場は雨。

 

今年の面子を見ると、金杯組とニューイヤーS組でいいような気もするが。

 

マイルCSで謎の凡走ヤングマンパワー

 

崩れるはずのない馬が、見せ場もなく16着に惨敗したことが余りにも不可解。

 

国の直轄事業、回収屋の手下として今回も送り込まれた可能性は高い。

 

それにエアスピネルヤングマンパワー、人気両頭であっさり決まるとは思えない。

 

前走が金杯、ニューイヤーS以外のステップで臨んできた連中に警戒する。

 

ストーミーシー、この馬は一体何処を評価していいのか分からない。

 

連闘は怖いが、別定戦なら無視でいいのではないか。

 

プロディガルサン、こいつはディープインパクトで無条件で握る。

 

タガノブルグ、こいつは雨が苦手だろう捨てる。

 

ロイカバード、これもディープインパクトなので嫌う理由がない。

 

本命サイドのブラックスピネル、マイネルアウラートはもちろん怖いが、

 

このレースは常識が通用しないようなアプローチが必要だ。

 

しつこいようだが持論、冬のダイワを今さら曲げる訳にはいかない。

 

エアスピネル7

◯ロイカバード9

▲プロディガルサン5

注ダイワリベラル1

注ストーミーシー4

ヤングマンパワー10

 

馬連

1-7

4-7

5-7

7-9

7-10

 

結果

1着ブラックスピネル2

2着プロディガルサン5

3着エアスピネル7


ハズレ

 

反省会

エアスピネルは同世代には負けないと思ったが…。

最終的に3着にきたが褒められる内容ではなかった。

強いのか弱いのか、次走が試金石になるだろう。