読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルクロードS予想

全く当たる気がしないので適当に。

 

JRAデータベースでは4歳馬苦戦傾向について触れているが、

 

今回のような手薄な面子でソルヴェイグブランボヌール軽視は危険か。

 

軸はトップハンデ57.5kgのダンスディレクターでいいだろう。

 

鞍上強化とはいえないが斤量は問題ないし、

 

極端に後方からツツかない限り京都1200で大崩れは考え難い。

 

続いてこちらもトップハンデのネロ。

 

新潟1000の実績からも、この馬のスピードは認めなければならないだろう。

 

だだ斤量面での不安、それから決め手勝負になると案外脆く大敗まで想定して置く。

 

内枠有利の1番ラインスピリット、2番テイエムタイホーは論外として、

 

3番アースソニックは8歳馬だが、こいつがハマったときの末脚は侮れない。

 

京都1200なら勢い任せで丸飲みがあるかもしれない。

 

がしかし屋根が古川吉洋、ここが相当なマイナス要素だ。

 

北海道の平場でしか通用しない騎手が、主要4場で絡んでくるとは思えない。

 

それから4番のヒルノデイバロー。

 

いくら手薄といっても、これの追込が決まるメンバー構成ではないと思う。

 

結局のところ実績馬と淀短距離S組を握って置けば、そんなレースになるのではないか。

 

西山茂行の馬が2頭仲良く7枠なのが罠。

 

ネロか、4歳馬セイウンコウセイか、それとも2頭捨てるか。

 

ダンスディレクター7

ソルヴェイグ5

ブランボヌール12

セカンドテーブル9

注アースソニック3

 

複勝

3

 

馬連

3-7

5-7

7-9

7-12

 

結果

1着ダンスディレクター7

2着セイウンコウセイ11

3着セカンドテーブル9


ハズレ

 

反省会

相手がいなのでは勝負にならない。


下降線のダンスディレクターに一気飲みされる程度のメンバーだったということだろう。


セイウンコウセイが前目で2着を拾ったことは覚えて置きたい。


次走人気を落とすネロはまだ底を見せていないだろうし、


ソルヴェイグブランボヌールも、もう少しやれる馬なので引き続き警戒。


この路線も絶対王者が不在なので、本番は何がきても驚かないように心の準備を。