読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日王冠予想

競馬予想

天候を確認するまでもなく、出馬表を見て一瞬でいらない馬はダノンシャーク

 

理由は善臣だから。

 

これは競馬の基本で、こんな者が上に跨るG1馬が可哀想。

 

土日傘マークがついた府中。

 

日曜日、馬場は回復するも稍重ではないだろうか。

 

渋って走らない馬は割り切って見送りたい。

 

ロゴタイプクラレントは即切り。

 

人気のステファノスも良馬場でこその末脚、捨てることに迷いはない。

 

距離不安は8枠2頭、ウインフルブルームロサギガンティア

 

特に後者は1400やマイル色が強く、逆に前者は1800までなら十分守備範囲と見ている。

 

低迷から復調の兆しが見えるヒストリカル

 

馬はともかく横山+音無+近藤英子、このトライアングルには注意は必要。

 

勝春から横山への乗替は、何度でも好走するパターンだ。

 

本命はルージュバック

 

今年の毎日王冠は、エプソムカップの面子と能力差はない。

 

良馬場を望むが、多少渋っても、調教で7〜8分仕上げでも連は外さないだろう。

 

対抗にはアンビシャス。

 

宝塚記念は16着と惨敗したが、4角を待たずに道中は押しっぱなし。

 

産経大阪杯とは別の馬だった。

 

こちらも仕上がっていないと思うが、まともなら勝って当然の馬。

 

人気を落とす今回は買い時ではないだろうか。

 

他はどさくさに紛れて脚色がいいディサイファ

 

展開次第でマイネルミラノ。

 

アッサリがあるかもしれないウインフルブルームまで。

 

ルージュバック10

◯アンビシャス7

ウインフルブルーム11

ヒストリカル1

マイネルミラノ6

 

馬単

11→10

 

馬連

1-10

6-10

7-10

10-11

 

ワイド

11-10

 

結果

1着ルージュバック10

2着アンビシャス7

3着ヒストリカル1


馬連

7-10  800円 的中

 

反省会

1着、2着が強すぎる内容だった。

良馬場だったとしても、ヒストリカルステファノスクラレントに交代するだけ。

この面子では上位2頭が抜けていた。


これで天皇賞が面白くなった。

JRAはファンに対して事前準備を完了した。

モーリス一択の単純な構図ではない強烈な印象を植え付け、

無駄に点数を握らせてモーリスで決めるつもりなのか?


世界のR.ムーアを呼んで置いて本命を飛ばすとは思えないので、

相手にはしょーもない馬がぶっ込んでくるかもしれない。