読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚記念予想

上半期の総決算、宝塚記念。良or稍重まで回復するのではないだろうか。折り合いを欠いたとしても、ドゥラメンテが馬券にならないことは考え難い。頭はないにしても複勝圏で鋼鉄軸、逆らわずに。

 

次点はサブちゃんの馬、キタサンブラックが有力か。無理に逃げなくても番手で競馬ができることは菊花賞で証明済み。前々走産経大阪杯では、アンビシャスとの斤量差は2kg。クビ差2着で、勝負付けは済んでいるようにも思うが果たして。

 

ラブリーデイを買うなら、勢いのアンビシャスや、結果をだしているのに何故か人気しない、しょーもない競馬ファンは何回やられても学習しないカレンミロティックの方が面白い。ラブリーデイは明らかに昨年がピークと判断。

 

8枠の3枚サトノクラウンマリアライトヤマカツエースは洋梨でok。阪神2200mはスタート後に直線が長い。1コーナーまでに無駄に脚を使う外枠の連中は、圧倒的に強い馬でもない限りカバーする必要はない。もう1度いう。8枠をカバーする必要は全くない。

 

では7枠はどうだろうか。タッチングスピーチは屋根が怖い。昨年スローの宝塚記念で、デニムアンドルビーを2着に持ってきた浜中。他馬がノメっても走れる馬なので、人気薄の1発に警戒したい。

 

次にヒットザターゲット。こいつは昨年の札幌記念(洋芝)で、次元の違う末脚を披露しているので、バカにハマったときの備えは必要か。トーホウジャッカルは捨てる。阪神大賞典予想でも書いたが、同レースで馬券にならないようなら今後は一切いらない終わった馬。

 

そしてどうするのか迷う馬はステファノス。迷うなら捨てろ。所詮は迷う程度の馬ということだろう。現段階では安定感のあるシュヴァルグランが上と見る。それからワンアンドオンリー。こちらのハーツクライは格が2枚は落ちる。

 

最後にラストインパクト。昨年のジャパカップでは、現役最強と思っているショウナンパンドラにハナ差2着の実績は侮れない。しかし叩き良化型で、鉄砲の今回は見送ってもいいのではないか。

 

書くのを忘れていたと見せかけて、フェイムゲームをがっちりカバーしているトリックを見破ったのはナイトさんだけだろう。

 

ドゥラメンテ5枠9

キタサンブラック2枠3

カレンミロティック5枠10

注アンビシャス1枠2

タッチングスピーチ7枠13

ヒットザターゲット7枠14

 

枠連

1-2

1-5

2-5

2-7

5-5

5-7

 

結果

1着マリアライト16

2着ドゥラメンテ9

3着キタサンブラック3

 

反省会

ここまで思いっ切り8枠の馬が刺さると、もう笑うしかない\(*_*)/

マリアライトはド大外を回す正攻法で丸飲み。

一瞬直線で止まりかけたようにも見えたが、この辺りは騎手の腕と地力の高さなのか。

こんな乗り方をされたら文句の付けようがない。

同条件で京都外回りなら、更に着差を広げたのではないだろうか。