読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルゼンチン共和国杯予想

全く分からない。ラブリーデイが宝塚記念天皇賞を制したことで、京都記念2着のスズカデヴィアスの割増評価が落し穴ではないだろうか。約半年間の休養明けでいきなり馬券になるとは思えない。

 

前にいきたい馬なら、メイショウカドマツが怖い。こちらは溜めが効く分、無駄なハナ争いはしないのではないか。パッとしない面子が相手といっても、東京での逃げ切りはまず不可能。ハナにいけば消し。2〜3番手の消耗戦は歓迎か。

 

1番人気になるであろうゴールドアクターは危険だ。2014菊花賞の3着は、2着馬から3馬身以上も離されていて信頼度は極めて低い。洞爺湖特別、オクトーバーSと先行して2連勝しているが、サムソンズプライド程度が逃げ粘って2着にくるようなレースは、ばんえい十勝の参考レースと同様に意味がない。

 

サウンズオブアースも日経賞で大敗するのだから、菊花賞後の重賞は様子見。本来ピリッとしなければならない馬は、ハンデ頭のサトノノブレスオールカマーを1発叩いたことで上積みはあるはず。今回久しぶりの左回りで変わり身があってもいい。格下相手で、どの程度巻き返してくるのか分からないので押さえて置く。

 

本命はレコンダイトでいく。七夕賞は出遅れ。京都大賞典は後方待機したはいいが、インを突く訳でもなく、早目に捲る訳でもなく、京都外回り特有の4角膨らみを舐めたM.デムーロの騎乗は極刑に相当。

 

名手M.デムーロだからこそ、1番やってはいけない無気力騎乗。今回は善臣に乗替で余計くる気がしない。他は1枠のスーパームーン。2014ダービー3着のマイネルフロスト。いつくるの分からないラブイズブーシェ青葉賞より斤量1kg減のレーヴミストラル。この辺りまで。

 

実績馬では、丹頂Sより斤量が重くなるヒラボクディープは自信を持って捨てる。8歳馬フラガラッハはさすがに厳しいと見る。

 

 

◎レコンダイト6

サトノノブレス9

▲メイショウカドマツ14

スーパームーン1

マイネルフロスト3

注ラブイズブーシェ12

 

 

複勝

14 ♪

 

ワイド

1-6

3-6

6-9

6-12


結果

1着ゴールドアクター15

2着メイショウカドマツ14

3着レーヴミストラル18


反省会

メイショウカドマツがいつの間にか4番人気に。

これでは点数を減らした意味がない。

お手本のようなトリガミ。