読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10代の恋愛

旧ブログでも、
ごくたまーに恋愛についても
書いてたりしたんですよ。

はてブロの新着をザッピングしてたら、
自身の恋愛観を赤裸々に、
語っていた方がおりました。

ほーほー。うんうん。
え?
まぢかー?!

それお前キモイだろー!!
でもその行動分かるわ~。
とか勝手にニヤニヤして面白かったです(*^^*)

40代のおっさんが、
自身の恋愛について語ったところで、
寒いだけなので、

管理人にもキラキラしていた頃があった、
10代の恋愛を書いてみます。
中学生~専門学校位まで。

管理人は奥手でした。
中2の2学期頃までは、
カブトムシ、殿様バッタ、サッカーボール、

学校帰り、男連中で川でドジョウ捕まえたり、
いかだを作ったり、缶蹴りしたり、
そんな記憶しかないですね。

女子を「異性」として意識したのは、
お恥ずかしながら中3ではないだろうか。
中2のとき女子に「交換日記」しようといわれて、

1ケ月位やったのかな?
このとき何で日記の交換なんかするんだ?
そう思っていたし、


周囲の男子にバレたりしたら…。
途中で燃やしてるゴミの中へ日記をポイ。
日記どうしたの?

ごめん、無くした。
今考えるとゾッとするけど。
それから中3になって、

ある日突然、
ロッカーに、お皿にのったゼリーが入っていた。
別に手紙が添えられたりする訳でもなく。

隠すようにカバンの中にしまって、
帰ったらカバンの中がゼリーまみれになったけど、
食った。

ゼリーは交換日記をしていた子が、
家庭科で作ったもので、
その後もプリンやクッキーが度々入っていた。

一緒に帰ったりもしたけど、
周囲はあいつら付き合ってるぞー!!
みたいなことをいってたけど、

付き合ってはいなかった。
このとき管理人は、
同じクラスの女子と、1学年下の女子、

2人好きだった。
この気持ちを抑え込んでゼリーの子が、
傷つかないように仲良くしていた。

更に胸元ガッポリ開けてアピっていた、
別の大人びた女子にも興味津々で最低の男だった。
中3の秋頃、胸元ガッポリの子に彼氏ができて、

いわれたこと、
「しげでもよかったんだけどなぁ」
でもって何だよ。

胸元ガッポリの子とは生徒会で、
遅くまで残ったりして、
誰もいないところになると、

腕組んできたりしてきて、
胸が当たったり、
女子との接触はこの子が初めてだった。

高校生になって、
高1の夏休み前に、彼女ができたけど3日でフラれた。
それから卒業まで彼女はできなかった。

クラスの女子から告白されたりもしたけど、
「違う学校の女子」のことが好きだからごめんと、
正直にいって断った。

この、
違う学校の女子に卒業まで片想いをする。
片想いしていながら、

同じ学校の美人理科実習助手に心引かれていく。
この人のボディタッチや、
頬と頬が触れる距離まで顔近づけてきたり、

いつも膝上スカート、香水の香り。
この人と、どうにかなっちゃうんじゃないだろうか?
用事もないのに、

理科室にいって、
一緒にいられるだけで
幸せだった(*^^*)

高3になると、
3日でフラれた元カノの妹(高1)が、
サッカー部のマネージャーとして入ってきた。

お姉ちゃんもタイプだったが、
妹もタイプだった。
俺は最低だ。

専門学校は東京の学校。
講義室でやたら接近して座ってくる女子がいた。
ドキドキして、授業にならなかった。

彼女といえるような彼女が初めてできた。
後で分かったことだけど、
つるんでた男連中に、

このクラスで誰カワイイ?
とか聞かれたことがあって、
この男連中がセッティングしてくれたものだった(*^^*)

以上です。