読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小倉記念予想

このレースは拷問か。いくらサマー2000シリーズといっても、この面子でやる気などでるばすがない。JRAデータベースに乗って、切った7歳馬がまるで棺桶から蘇ったかのように、意味不明に好走するパターンか。小倉、軽い馬場、速い時計、差し切り等々、常識が通用しない超難解レースに指定したい。

頭数が多すぎるので、余計な馬をザックリ切って出馬表を見易くする。まずベルーフ。皐月賞は接触の落鉄で大敗、ここは二百歩譲るとしても、3歳馬が裏街道の小倉記念にでてくんなし。春の疲労か、軽故障かは定かではないが、ここは明らかに叩き台。約4ケ月の休養明けでいきなり追込が決まるとは考え難い。

大外枠ゼンノルジェロ。上がり馬ならまだしも、7歳馬で斤量53kgは引退へのカウントダウンを連想させる。又夏小倉競馬の時計には不向き。ダートや1400、1600を主戦場としているナリタスーパーワンも捨てる。前走中京記念で拾えるデータは何1つなかった。思い切ってバッドボーイも捨てる。前にだしてダメ、抑えてダメ、もうピークをすぎた感が否めない。横山や、売出中の田辺が乗って絡んでこないのはかなり重症だ。

フレージャパンって何だ。サッカー場にでもいってくれ捨てる。京都新聞杯キズナの3着があるジャイアントリープ。これを切るのは少し怖いが、芦毛の本線は今回クランモンタナ。芦毛芦毛と続かないだろう。京都や阪神の外回りを器用に割ってくるので、今回8枠に入らなかったら握ったかもしれない。

後は何だ。メイショウナルトも捨てる。高校野球で鳴門が負けたので、ここはサイン通り。人気して飛んでくれると配当的にはおいしい。2週連続メイショウはないと考えるのが自然。それからゲシュタルト。この馬はもう書くネタがない。拡がらないので引退してくれ。

7歳の1枠両馬を重た目に。疑惑の新潟大賞典経由のパッションダンス。ハギノハイブリッドが函館記念で馬券になったように、疑惑レース組は警戒する。あのレースはダコールなんていう駄馬が、まとめて交わすことのできる面子ではない。

それからトップハンデ57.5kgのオーシャンブルー。皆が買えない馬を、あえて逆読みして印を打つ。これだけメンバーが落ちると、内枠の利や、能力的にもまだ死亡を確認するのは早いのではないか。

相手は夏牝馬、ウインプリメーラ、マローブルー、ノボリディアーナから。他は降級馬で、前走重馬場で競馬をしていないアズマシャトル。訳の分からないレースにはタガノ、ニシノ。タガノグランパ。52kgの軽量馬、マデイラ辺りではないか。

1枠 2番 オーシャンブルー
2枠 3番 ウインプリメーラ
5枠 10番 クランモンタナ
7枠 14番 タガノグランパ
8枠 15番 アズマシャトル
6枠 12番 マデイラ


枠連
1-2
1-5
1-6
1-7
1-8

結果
1着アズマシャトル8枠15
2着ベルーフ3枠5
3着ウインプリメーラ2枠3

反省会
直線で金子の馬、内で2頭並んで何やってんだー!!
マイラーズカップの真似してんじゃねーよ\(◎o◎)/