読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBC賞予想

サドンストームが1番人気になると思うが、これを中心として絡めなければならない程難解。週末中京は雨。渋った阪急杯高松宮記念でも崩れていないことから、やむを得ず軸に。ダーレーの馬で信頼できるのはアルキメデスのみ。ティーハーフの函館スプリントも、妙にハマった感が否めなかった。

ディサイファエプソムカップもあの通り。国分優作の年間重賞勝利数や、人気を背負ったダーレーの馬というだけで割引が必要か。いくら切れるといっても渋った中京1200mでウリウリが絡んでくるのか、ここの判断が分け目ではないだろうか。

新装中京は距離を問わず実績馬が上位に食い込む印象。2週連続、金子真人ホールディングスで決まるとも思えないので評価は大幅に下げる。前走京王杯SCで直線詰まったダンスディレクター。陣営は道悪歓迎のようだが、テンが速くない馬なので後手に回り、開幕週でモタモタ後方から追い込むようなら危うい。

道中の位置関係から、ジャストドゥイングは大駆けの気配。距離短縮の葵ステークスをいきなり快勝。今回のメンバー程度で斤量53kgは、有利を通り越して優勝するかもしれない。くれぐれも警戒を。

他に人気しそうなところではベステゲシェンクマルカシェンクの仔かと思ったら、ディープのガキで紛らわしいので捨てる。脚質的にもここで惨敗して北九州記念で出番。これを買うならまだ外枠のワキノブレイブの方が馬券には絡みそう。

レッドオーヴァルは道悪は走りそうにないが、洋芝で勝利があるように無駄に消耗戦になれば、デムーロの屋根でいきなり変わり身があるかもしれない。韋駄天ステークス勝ちのフレイムヘイローは、外ラチいっぱいの連中が不甲斐なかっただけ。昨年53kgでCBC賞を制したトーホウアマポーラはどうか。上のクラスでは全く勝負になっていないが、ここまで面子が緩めば好走があってもいい。夏牝馬という位なので、まずは1発叩かれてからの話しとなりそうだが。

結局のところ訳の分からないレースにはタガノ。しつこいようだがタガノブルグ。他は淀短距離ステークスで、エイシンブルズアイの4着があるマコトナワラタナまで。

4枠 8 ジャストドゥイング
7枠 13 サドンストーム
2枠 3 マコトナワラタナ
6枠 12 タガノブルグ
4枠 7 ダンスディレクター


枠連
2-4
2-7
4-4
4-6
4-7

結果
1着ウリウリ3枠6
2着ダンスディレクター4枠7
3着サドンストーム7枠13

反省会
ウリウリは握ってないので、これでは勝負になりません。
しかし岩田はよくあんなインを突いて、脚を伸ばしたね。
1、2、3番人気でアッサリ決まるレースではなかったはず。
予想は10連敗に向かって視界は良好?
伝説を作りそうだね。。(〃_ _)σ∥